漏斗胸・胸郭変形疾患でお悩みなら松山の漏斗胸専門病院

院長挨拶

病院長 笠置 康

  • 院長写真
  • 漏斗胸手術は40数年てます。漏斗胸は元々、胸部外科医が施行する手術でした。Nuss法が始まってから小児外科や形成外科医が行う様になりましたが、私は胸部外科医(呼吸器外科医)が行う手術だと今も思っています。趣味は昔はドライブでしたが、今は車を眺める事だけです(時間がないので)。と言うことで、現在は社交ダンスのデモンストレーションを主に行っています。

経歴

  • 昭和45年杏林大学医学部入学(1期生)
  • 昭和51年同 卒業
  • 昭和51年杏林大学医学部大学院入学 外科系外科学専攻
  • 昭和51年第232399号を以て医籍に登録
  • 昭和51年ペースメーカー移植術・ペースメーカー交換術施行に従事
  • 昭和51年日本胸部外科学会(入会)
  • 昭和52年日本外科学会(入会)
  • 昭和53年東京女子医科大学大学院入学 外科学専攻
  • 昭和53年大動脈バルーンパンピング法施行に従事
  • 昭和57年東京女子医科大学大学院卒業 医学博士号取得
  • 昭和57年東京女子医科大学第一外科学助手
  • 昭和57年経皮的冠動脈形成術施行に従事
  • 昭和57年日本心臓血管外科学会(入会)
  • 昭和58年東京女子医科大学第一外科学講師
  • 昭和60年同 医局長
  • 昭和61年太平洋外科系学会日本支部会評議員
  • 昭和62年米国East Carolina大学客員教授
  • 昭和63年『カサギ胃腸病院』副院長
  • 昭和63年東京女子医科大学第一外科学非常勤講師
  • 平成元年 日本胸部外科学会指導医
    病院名を『松山笠置記念心臓血管病院』と改める
  • 平成2年日本救急医学会認定医
  • 平成2年日本外科学会認定医
  • 平成3年日本胸部外科学会認定医
  • 平成3年松山笠置記念心臓血管病院 病院長
  • 平成4年日本循環器学会(入会)
  • 平成4年日本心血管インターベンション学会(入会)
  • 平成4年日本心臓ペーシング学会(入会)
  • 平成5年日本胸部外科学会評議員選定資格
  • 平成5年経皮的冠動脈血栓切除術施行に従事
  • 平成6年経皮的冠動脈ステント留置術施行に従事
  • 平成9年日本胸部外科学会関西地方会評議員
  • 平成10年介護支援専門員(ケアマネジャー)
  • 平成11年日本臨床外科学会評議員
    日本医療機能評価機構一般病院(A))認定
  • 平成13年ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター(ICD)
  • 平成13年杏林大学医学部同窓会会長
  • 平成13年国際心臓胸部外科学会評議員
  • 平成13年日本心血管インターベンション学会認定医
  • 平成14年日本外科学会認定 外科専門医
  • 平成16年日本胸部外科学会認定 呼吸器外科専門医
    日本救急医学会専門医
    BLS認定
    ACLS認定
  • 平成18年日本医療機能評価機構一般病院(A)更新
    診療情報管理士
  • 平成21年ACLS EPコース認定
  • 平成22年抗菌化学療法認定医
  • 平成23年医療法人笠置記念胸部外科 理事長
  • 平成28年日本病院総合診療医学会認定医
    社会医療法人笠置記念胸部外科 理事長

目次