漏斗胸・胸郭変形疾患でお悩みなら松山の漏斗胸専門病院

学会最新記事

Nuss法原法より筋層下Nuss法による再手術を
必要とした成人漏斗胸症例

一部グロテスクな表現のある動画があります。心臓の弱い方は注意して御覧ください。

1 症例は22歳男性。3ヶ月前に他院で第4肋間、第5肋間に2本のバーを用いたNuss法を施行した後、疼痛著しく来院。当院で行っている鎮痛剤等の薬物療法を1ヶ月間施行したにも拘わらず疼痛持続、2本のバー抜去と共に筋層下Nuss法を用いた再手術を施行し、疼痛改善したので報告する。
2 前回の手術創に皮切を加え、BIOMETのバーに達し、六角レンチでスタビライザーを緩めて取り出した。
3 同様の操作を4ヶ所の皮切部に行った。右側下方、右側上方、左側下方、左側上方の順に行った。
4 六角レンチでネジを緩めてスタビライザーを取り出している。
5 ハンドベンダーでバーを平坦にした。
6 バーに糸を付けて、バーを抜去した。スタビライザーを取り外せない部分は、スタビライザー側より創外に引き抜き抜いた。
7 バーで圧迫されていた大胸筋は萎縮していた。
8 バー抜去後、第4肋間にケリー鉗子を挿入し、テープを導いた。
9 テープで胸骨挙上用バーを導いた。
10 ヨット用シャックル・鎖・カラビナでエンジンジャッキに繋ぎ、前胸部挙上を行った。
11 第5肋間に胸骨挙上用バーを挿入し、エンジンジャッキで前胸部挙上を行った。
12 第5肋間に テープで33 cmのバーを導き、イソジン塗布後Pectus clampで180度回転させ、固定した。
13 次いで第4肋間にケリー鉗子でテープを通し、テープで第4肋間にバーを導き、Pectus clampで180度回転させた。
14 Deschamps動脈瘤針でTevdek2糸をループ状に右第5肋骨と第4肋間のバーにかけた後、これを倍々にして4本の糸でそれぞれ肋骨に固定した。
15 BIOMETが入っていたトンネルに残した糸で導き、3.5mm径のシリコンドレーンチューブを留置した。
16 筋層・皮下組織・皮膚を縫合して、上方のバーの創部を閉じた。右側、そして左側と縫合閉鎖した。
17 直径5mmのsilicone drainage tubeを筋層下及び胸腔内を兼ねて挿入した後、筋層を閉鎖。
18 0.5%マーカインによる局所麻酔を行い、皮下組織・皮膚を縫合して、手術を終えた。皮切部にはステリストリップを貼付した。
19 術後疼痛は、一般の漏斗胸術後同様、殆ど認めず。術後約2ヶ月目、仕事復帰。
20 術前後の写真。
21 術前後の胸部X線撮影、正面像。
22 側面像。
23 術前後の胸部CT。
24 術前後の胸部CT矢状断。
25 術前後の右冠動脈造影。
26 術前後の心エコー。
27 術前後の胸部MDCT。
28 当院手術後におけるCTで胸骨・肋軟骨関節の骨折を認めた。
29 【考察】成人漏斗胸症例のNuss法術後、陥凹していた肋軟骨は常に伸展された状態となり、術後疼痛は持続する。演者の筋層下Nuss法は、術中に前胸壁挙上法を用い、肋軟骨・胸骨関節、肋骨・肋軟骨接合部を骨折させた後バーを挿入して固定する事により、疼痛は術後一時的であり、持続することは無い。
30 【結論】成人の漏斗胸症例には、前胸壁挙上法を行い骨折させた後に筋層下Nuss法を行う事が勧められる。